病院 ケアミックスの仕事内容と待遇

ケアミックスとは、急性期から慢性期までの患者さんを看護している病棟です。

ですので、手術後から、療養の患者さんまでいらっしゃいますので、一貫した流れを把握する事が出来ます。病院によって手術は行っていない病院もあります。

 

急性期だけの患者さんだけではないので、1日の勤務もあまりバタバタしていません。

また、療養の患者さんだけでない分、様々な技術や知識を身につける事が出来ます。療養だけだと、看護より介護を行う方が多いため、療養や介護施設に比較し医療技術もスキルを保つ事が出来ます。

看護配置も10:1を取得している病院が多い為、少しゆとりをもちながら患者さんへの介助やケアを行う事が出来ます。

 

業務内容としては、バイタル測定を始めとする全身観察、食事介助、オムツ交換、入浴介助、保清、点滴管理、バルーン管理、胃漏管理、処置、などがあります。

患者さんは、寝たきりの方から自己にてほぼ日常生活動作が行える方がいらっしゃいますので、患者さんに合わせた看護が必要となってきます。

ケアミックスで勤務する看護師は20代から50代と幅広く、子育て中のママ看護師も多く勤務しています。

ママ看護師が多い理由として、ある程度の看護技術を身につけながら残業もすくなく働きやすい環境の病院が多いからです。

 

勤務は2交替制の病院が多く、日勤は9時から17時30分まで、夜勤が17時から翌9時30分までとなっています。病院によって勤務開始時間は違います。

お給料は、25万~35万円程度となっており、夜勤の回数によって変動します。

また、病院によって違いますが、日勤常勤雇用をしている病院も多い為、仕事と家庭を両立させたい方にはお勧めの病棟です。

コメントを残す

サブコンテンツ