病院 整形外科の仕事内容と待遇

整形外科病棟では、怪我や病気などで、骨や筋肉に異常のある方が入院されています。

他の外科病棟と少し違うのは、患者さん自身の意思がはっきりしており、動かない手や足等以外は比較的元気な方が多い事です。

とはいえ、認知症の方が骨折して入院というケースもありますので、全くいないという意味ではありません。

また、入院患者さんの年齢層が幅広く、若くて12歳高齢な方であれば90代~100歳の方もいらっしゃるため、年齢層に応じたコミュニケーション能力や知識が必要となってきます。

 

業務内容としては、バイタルサインを始めとする全身状態の観察の他に、点滴管理、処置、保清、オペ出し、オペ後の観察などがあります。

オペ後にはドレーン管理等もありますし、ドクター回診もありますので、ドクター処置の介助を行うこともあります。

整形外科は、急変リスクが低いように思いますが、オペ後などには急変リスクが高く深部静脈血栓症などになる可能性がありますので、オペ後の観察は特に重要となってきます。

 

病院によって違いますが、勤務は2交替制と3交替制の病院があります。

2交替の場合、日勤が8時30分~17時まで、夜勤が16時30分~翌9時までです。

3交替の場合は、日勤が8時30分~17時まで、準夜勤が16時30分から0時まで、深夜勤が0時から9時までとなっています。

お給料は、27万~35万円程度となっており夜勤回数によって変動します。

整形外科病棟は、20代~30代の看護師が多くまた明るくハキハキしているスタッフが多く働いています。傷の処置等がありますので、傷口や、血液を見るのが苦手な看護師にはとても不向きな現場です。

また、整形外科で入院している患者さんは、オペ後すぐからリハビリを行いますので看護師もリハビリについての知識を身につけている方が、看護師としてサポートしやすいと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ